レーシック手術代を実質無料にしてしまいました・・・

管理人MOMO自己紹介 「レーシックを受けよう!と思ったら読むページ」へようこそ!
サイト管理人のMOMOと申します。
埼玉で子育て中の普通の主婦をしています。

私は、小5からメガネ、中3からコンタクトを愛用し、近視歴20数年でしたが、 2006年8月に念願の視力回復手術レーシックを受け、0.1以下だった視力が 左右視力1.5まで回復いたしました♪

オシャレをしたい高校生、大学生のときは、日中はほとんどコンタクトでしたが、 コンタクトを長時間つけていると、目が充血したり、痛くなったり、目が乾燥したりと 不便なことも多く、社会人になってからはメガネでいることも多かったんです。

メガネをするとどうしてもアイメイクも映えませんし、なんとなく行動も消極的になりがちになります。
メガネは、容姿へのコンプレックスばかりか、性格も変えてしまうような気がします。

それが、レーシックを受けてメガネがいらなくなった途端、
気持ちや表情まで明るくなり、何人もの友人から
「表情が明るくなった」「目が大きく見えて綺麗になった」
などと言われました^^
レーシックで目ヂカラがアップするというのはよく聞く話ですが、実際にそうなんだな〜と実感しました。これって、女性にとっては嬉しい話ではないでしょうか。

レーシック手術は、聞いていた通り、術中も術後もまったく痛みはなく、 手術時間も10〜15分程度と簡単なものでした。にもかかわらず、手術台を降りるときには、 もう裸眼でまわりの景色がはっきりと見えていました。感動の一瞬でしたねー!

私が初めてレーシック手術の存在を知ったのは、10年近く前ですが、当時は 70〜100万円くらい費用のかかる手術でしたので、高額でとても手が出せるものではありませんでした。それが、今では手術代もだいぶ下がってきて、クリニックによっては、10数万円で受けられるところも出てきました。いい時代になりましたね!

レーシック手術画像私が、レーシック手術を決意したクリニック(神戸クリニック)の吉田理事長にオペしていただきました。あの倖田來未さんも同じ先生のオペだったそうです♪)です。

レーシックを受けて、私は本当によかったと思っています。朝、目を開けると、すぐに裸眼でモノが見える。たったこれだけのことに私は毎朝感動しています。コンタクトの不快感で悩んでいた日々が遠い昔のことのようです。

私のレーシック体験談は、「レーシック体験談」でご覧いただけます。
私が体験談やレポートが一人でも多くの方のお役に立ち、レーシック仲間が増えていけば、こんなに嬉しいことはありません♪


私がレーシックを受けて大満足したクリニックです↓まずは無料説明会で不安解消!

神戸神奈川アイクリニックの充実のアフターケアー

copyright© レーシックを受けよう!と思ったら読むページ All Rights Reserverd.