レーシック手術検討者のための情報サイト

最近話題の視力矯正手術レーシックについて、
どんな手術なのか、リスクやデメリットは?
クリニック情報、資料請求先、体験者の体験記など
手術を受ける前に知っておきたい情報を集めました。

適合検査について

レーシック手術前には、術前検査が欠かせません。
これは、患者さんがレーシックに適応するかどうかの判断と、
その患者さんの実際の矯正量を正しく測定することが必要だからです。

レーシックの術前検査には、以下のようにたくさんの検査があります。

<問診>
患者さんのレーシックに期待する目標視力などを確認します。
ライフスタイルや手術の動機なども医師に伝えます。

<視力検査>
現在の裸眼視力を測定します。
また、この段階でなんらかの病気が発見された場合は、
手術をする前に病気の治療を優先させます。

<屈折検査>
屈折度を正確に測り、レーシックが適応するかどうかの判断をします。
しかし、昨今では、日常的にパソコンなどを使用して常に水晶体が
ふくらんだままの状態になっている人も多く、この状態を調節緊張
といいます。そのままだと正確な屈折度を測定することができないため、
通常の状態で計測後、調節麻痺剤を点眼して再度測定する場合があります。

<角膜厚測定>
角膜の厚みを正確に測定し、レーシックに適応する角膜厚が
十分にあるか、フラップの厚さをどの程度にするかの判断をします。

  <角膜形状解析>
屈折検査ではわからない角膜表面のゆがみや屈折力の分布、
また角膜の湾曲を調べます。

<角膜曲率半径検査>
角膜のカーブの度合いを測定する検査です。

<角膜内皮細胞検査>
角膜内皮細胞の状態を調べる検査です。
ここで測定した内皮細胞の数が1500以下の場合、
フラップの癒着が悪いと判断されるため、レーシックの
適応外となります。

<眼底検査>
網膜の中心にある黄班部、視神経乳頭、網膜周辺部などに
異常がないか調べる検査です。

<眼圧検査>
眼底検査とあわせて緑内障の発見に役立ちます。

<コントラスト感度・グレアテスト>
コントラストを見分ける力、まぶしさによって視力が低下して
いないかどうかを調べます。

<スリットランプ検査>
角膜、前房、虹彩、水晶体、硝子体、網膜などの組織が
どのような状態にあるかを確認します。

また、正確な検査を行うために、コンタクトレンズの方は
ソフトコンタクレンズの方は、3〜7日前から、
ハードコンタクトレンズの方は、1〜2週間前から装用を中止
する必要があります。


私がレーシックを受けて大満足したクリニックです↓まずは無料説明会で不安解消!

神戸神奈川アイクリニックの充実のアフターケアー




copyright© レーシックを受けよう!と思ったら読むページ All Rights Reserverd.