レーシック手術検討者のための情報サイト

最近話題の視力矯正手術レーシックについて、
どんな手術なのか、リスクやデメリットは?
クリニック情報、資料請求先、体験者の体験記など
手術を受ける前に知っておきたい情報を集めました。

レーシック手術後に気をつけること

レーシックの手術後は、リカバリールームでしばらく休憩し、
医師の診察を受けてから帰宅となります。
麻酔が切れる頃、目の中に異物感を感じることがありますが、
3時間ほど仮眠することで、解消されることが多いようです。
ですので、手術後は寄り道せずに帰宅して休むのがいいでしょう。

お酒については、手術前日と同様、手術当日の夜も控えます
アルコールによって体が脱水症状になりますので、
涙の分泌量に影響するからです。
涙が多く出て、角膜を潤すことで、角膜の治癒力が高まり
視力の回復も早まりますので、当日の飲酒は控えたほうがいいようです。

また、手術後は、医師から数種類の目薬を渡されます。
角膜の炎症を防いだり、感染を予防したり、ドライアイを
やわらげるための目薬ですので、指示通りにさします。
複数の目薬を使う場合は、3分ほど時間を置いてください。

手術した目をこすったりするのは厳禁です。
夜、寝るときには、無意識に目をこすったりしないように、
透明な眼帯のような保護キャップをつけます。

当日は、洗顔、洗髪などは、目に水が入る可能性があるため
できません。ぬれたタオルで拭く程度にしてください。
翌日検診で問題がなければ、シャワーがOKになります。
女性のお化粧も、翌日から目の周り以外は可能になりますが、
目の中に粉などが入らないように注意します。
目の周りのお化粧は、1週間検診のあとからになります。



私がレーシックを受けて大満足したクリニックです↓まずは無料説明会で不安解消!

レーシック 視力回復


copyright© レーシックを受けよう!と思ったら読むページ All Rights Reserverd.