レーシック手術検討者のための情報サイト

最近話題の視力矯正手術レーシックについて、
どんな手術なのか、リスクやデメリットは?
クリニック情報、資料請求先、体験者の体験記など
手術を受ける前に知っておきたい情報を集めました。


レーシック体験談 その2 【手術、術後の不安】

(埼玉県 S・Oさん 会社員)

【手術前】 【資金作り】 【検査】 【手術、術後の不安】 【手術後の副作用】

手術当日です。

自宅から南青山までは普通電車で約1時間半。
通常であれば手術当日に帰宅が可能な地域なのですが、
手術後の不測の事態も考えられるので
当日は南青山近くのホテルを予約しました。

<ここからは小説風で>

いつもと変わりない朝。
いつもと変わりない風景。

青山一丁目を下車後
医院内の手術センターへ向かう。
やはり緊張する。

看護師さんの
「緊張なさらずに。。。飴でも舐めますか?」
の気遣いの声が余計に緊張を誘う(笑)

そして、待合室でしばしの待ち時間。
数10分の待ち時間のあと

手術時間がやってくる。
緊張状態のまま待合室から手術室。
様々な医療器具の中を進み
そして手術台へ。
何人かのスタッフが私を取り囲む。

手術台へ上がった後
スタッフの方が
手術中の眼を固定する為の器具を装着。
その後は、何度も麻酔薬の点眼。

そしていざ、手術開始。

手術中は
担当の先生が、
逐一進行状況を教えてくれる。

「フラップをめくります」
「レーザー照射します」

レーザー照射前に、担当の先生が
専門用語や、様々な数値をスタッフに指示。

岡崎はちょっと分からない事を
言われていたので正直不安に陥る(笑)

レーザー照射中も担当の先生は
「岡崎さん、上手ですね。そこを見続けてくださいねえ」
と私をリラックスさせる為なのかお褒めの言葉。
ただ、まっすぐ見ていただけなのだが(爆)

左右の眼で約30分位でしょうか。手術は無事終了
手術後も担当の先生は
「岡崎さん、頑張ってくれましたから大成功ですよ。」
と、労いの言葉。
ずーっと寝ていただけなのだが(爆)

術後約30分間。別室にて休憩。

そして、、、
いざ、、別世界。。。

しかし、、、
術前に比べれば視力回復した感はありましたが
私はそれほど、劇的な変化を感じる事はなかったのです。

この時は先生の
「手術は大成功ですよ。」
の声を信じるしかありませんでした。
手術後、眼を保護する為の
サングラスをして、ホテルへチェックイン。

ホテル内でも
眼への負担を避ける為、
かなり早い時間で横になる。

そして夜、ウトウトしていると、また、担当の先生から
「今日はご苦労様でした。調子はどうですか?今日は緊張したでしょうから
眼に気をつけて早めに寝てくださいね。」との電話。
アフターケアという面では、十分すぎる程、気を使ってくれた病院でした。

(術後1週間は保護用眼帯を使用して睡眠。)

手術翌日は、翌日検査。
私は、翌日検査で
両目とも狙った視力には届いておらず
特に右目は少し見づらくなっていました。
そして異物感も感じていました。

翌日検査での
担当医師の判断は
「なんらかの理由でフラップが若干ずれているので専用のコンタクトで固定します。」
「視力が落ち着くのは約1ヶ月後ですから心配しなくていいですよ。」
「念の為、水曜日(手術後3日目)に来院してください」

総合的には特に問題はないとの事。
様々な不安がよぎるが先生を信用するしかない。

3日後の検診で良好の判断。
そして1週間後の検診では右目のフラップも通常に戻ったの事。
この頃には視力もだいぶ落ち着いてきて
異物感も徐々に解消されてきて
両目とも先生が狙った視力の1.5に近づいていました。

私が、手術して良かったと思ったのは
正直この時期でした。


 【手術後の副作用】



私がレーシックを受けて大満足したクリニックです↓まずは無料説明会で不安解消!

レーシック 視力回復


copyright© レーシックを受けよう!と思ったら読むページ All Rights Reserverd.