レーシック手術検討者のための情報サイト

最近話題の視力矯正手術レーシックについて、
どんな手術なのか、リスクやデメリットは?
クリニック情報、資料請求先、体験者の体験記など
手術を受ける前に知っておきたい情報を集めました。

レーシック体験談 その2 手術前

(埼玉県 S・Oさん 会社員)

【手術前】 【資金作り】 【検査】 【手術、術後の不安】 【手術後の副作用】

2005年1月、私がLASIC手術を決め、
家族、周囲の友人にその話をした時、

「眼にメスを入れるんだろ?やめた方がいいよ。」
「失明したらどうするの??」
「そんな高いお金をかけて効果がなかったらどうするの?」

正直、私の周りに賛同者は一人もいませんでした。
しかし、自分の決めた事に関しては
何が何でもやり通す性格。


この性格が今までの人生で
様々な成功や失敗の元となったのですが、(笑)

自分が出したLASIC手術へのGOサインに関して今、

「100%、自分の判断は正しかった。」

と言えます。
そして、周りのみなさんにも、
責任を持って推薦できます。

振り返れば、私は
小学校1年生からめがねっ子でした。
めがねを作る度に
レンズの厚さは厚くなる一方。

ありふれた表現ですが、
「牛乳瓶の底みたいだなあ」
とよく言われたものです。

おしゃれを気にする青春期の
学生時代は、無理して裸眼生活をしていましたが、

車の免許を取得してから(もちろん眼鏡使用の条件あり)は
日常生活でも眼鏡を使用する生活になり
眼鏡は生活必需品となったのです。

そして、視力はPCを使用し始めた1999年頃から、
PCを使用する時間に比例して急激に落ち始めました。

それと共に眼鏡を作る度に度数が強くなり
眼鏡の長時間使用により
頭痛やめまいでかなりの苦痛を伴う
日常生活になってしまいました。

LASIC手術を考えるようになった最大の原因は
この頭痛やめまいを解消したいと思ったことです。

まあ、PCの使用時間を減らせば
そのような現象は起こらなかったので
解決策は単純だったのですけど(笑)

 【資金作り】



私がレーシックを受けて大満足したクリニックです↓まずは無料説明会で不安解消!

レーシック 視力回復


copyright© レーシックを受けよう!と思ったら読むページ All Rights Reserverd.