レーシック手術検討者のための情報サイト

最近話題の視力矯正手術レーシックについて、
どんな手術なのか、リスクやデメリットは?
クリニック情報、資料請求先、体験者の体験記など
手術を受ける前に知っておきたい情報を集めました。

レーシック体験談 その5 夜寝る前コンタクトを外さなくて良い。ほんとうにラクチン!

 (埼玉県 M・Yさん 主婦)

レーシック体験談私がレーシックを受けたのは2006年12月27日。
その日から、コンタクト、めがね要らずの快適生活が始まりました。

以前から「視力を矯正する手術」があるのは知っていました。
でも、レーシックのように簡単で、料金も手頃ではありませんでした。

高額だと80万円、安くても40万円!とても手が出ません。
視力が悪い人にとって、裸眼で1.0位見えるなんて夢のまた夢!

ですが、ここ数年で「レーシック」という救世主が現れたのです。
が、ここでまた問題。料金です。
2年前くらいまでは本当に高額でした。平均40万円位はしました。

でも今は、平均で20万円位になったのです。
これはもう絶対に手術したいと思いました。

私が本気でGOサインを出すきっかけとなったのは、こちらの管理人で、
友人のMOMOさんが一足先に手術を受けたことです。

彼女も大変なドライアイで、幼少からの近視の持ち主。しかも好奇心旺盛!
体験談を聞くにつれ、私のレーシックに対する迷いは無くなりました。

病院も、迷わず神戸クリニックに決めました。なぜなら・・・
友人がすでに受けて、しかも成功している。(実験台?)
目立った副作用も無し。術後のフォローの良さ。等など・・・

まず、其の一。レーシックが受けられるかどうかの検査を受けました。
数種類の検査をするのですが、眼病の有無はもちろん重要ですが、
レーシックを受けられるかどうかは「角膜の厚み」だったような感じです。
(先生に確認していないので未確認ですが・・・)

私の角膜の厚みは、問題なく受けられる厚みでした。
先生の言葉だと、何回か受けられる厚みはあるということでした。
この「何回か」と言うのは、万が一、術後に視力が元に戻ってしまった場合に、
また同じレーシックが受けられると言う事です。

ちなみに私と一緒に受けた友人の角膜の厚みは、人3倍有りました。
角膜の厚みやその他の問題がある方は、レーシック以外の方法があるそうですが
私はレーシックを受けられる事になり一安心。

其の二、手術前の最後の検査を受けました。
この検査は術前3,4日前に受けなければ行けないそうです。

其の三、手術当日。
ものすんごい緊張している友人を横目に、私はわくわく!
あと数分で裸眼生活が待っていると思うと本当に嬉しかったです。

手術は理事長であるDr圭介にしていただきました。管理人MOMOさんの
「手術がとっても早かった」という言葉を聞き、絶対に理事長で!と懇願したのです。

言葉通り本当に早かったです。片目3分位だったでしょうか、
10分も手術室に居たかなー?という感じです。

術前に、髪の毛を術用キャップに入れ、点眼麻酔をされます。
そして、いざ手術室へ。

まず、上下まぶたをクリップのようなものでバッチリ固定。
すでに点眼麻酔をされているので痛いという感じはなく、ひっぱられる感じ。
眼を洗うために溢れんばかりの目薬をさされて、赤の光を見るように指示され、
フラップを作り、レーザーを当てる。(この時焦げるニオイがしました。)
フラップを戻して、フラップにしわがよらないようになめすように整えて、
片目終了。この間2,3分。

で、もう片目。
本当にあっという間でした。

唯一大変なのは、一点を見続けなければいけないことですね。
私も多少動いたかもしれませんが、特に問題なく終了しました。

術後15分位リラックスルームで安静にします。
そして術後診察。特に問題なしと言う事で一安心でした。

その後少しづつ麻酔が切れて痛くなってきました。
でも看護婦さんに言うと再び点眼麻酔を入れてもらって、痛みが嘘のように
消えました。そして問題なく帰宅。

そして、現在1ヵ月経過。この快適さ!朝眼が覚めると見えている。
夜寝る前、コンタクトを外さなくて良い。ほんとうにラクチン!です。

手術して良かった!




私がレーシックを受けて大満足したクリニックです↓まずは無料説明会で不安解消!

レーシック 視力回復


copyright© レーシックを受けよう!と思ったら読むページ All Rights Reserverd.